卡娃伊ってどう読むの?
面白い本見つけました。哈日族-なぜ日本が好きなのか、酒井亨:著。(光文社新書)。
台湾には一度しか行ったことはないのですが、ホテルで夜中テレビを見ていたら、ずーっとドラマをやってたんですね。それも、ちょっと前の日本のドラマ。酒井法子とかが出てたやつ。日本語の台詞は吹き替えなしのそのまんまで、画面に字幕が出てる。で、それが終わったら、何だか思いっきり「あすなろ白書」風のドラマが始まって。台湾製作で、キャストも全員台湾人らしいんだけど、話は完全に「あすなろ白書」。書店に行けば角川書店(台湾)発行の「Taipei Walker」が平積みだし、立ち読みしてみたら日本のアイドル情報が満載。「濱崎歩」とか「勝利六人組」とか。CDも普通に日本の歌手のものがたくさん並んでる。
日本文化が大好きで、日本風のライフスタイルをまねる若者のことを「哈日族-ハーリーズ-(harizu)」と呼ぶらしいです。
彼らは日本の歌謡曲やアニメ、ドラマが大好きで、日本製の製品が大好き。そのために日本語を学ぶ人も少なくないんだとか。もちろん、アメリカやヨーロッパに憧れる人も多いけれど、「哈日族」の人たち曰く、「日本の文化は手に届きそうなところがいい」らしい。

ところで、これらは何のことでしょう。

<アニメ編>
1.「神氣寶貝」「皮卡丘」
2.「怪傑黑傑克」
3.「龍熊」
4.「哆啦A夢」
5.「凱蒂貓」
6.「名探偵柯南」

<化粧品メーカー>
7.「高絲」
8.「密絲仏陀」
9.「佳麗宝」







答えは、

1.ポケットモンスター、ピカチュウ
2.ブラックジャック
3.となりのトトロ
4.ドラえもん
5.ハローキティ
6.名探偵コナン
7.コーセー
8.マックスファクター
9.カネボウ

ちなみにこの本によると、韓国のドラマや映画なんかも結構人気のようで、「猟奇的な彼女」は「我的野蛮女友」、今日本でもブームの冬のソナタは「冬季恋歌」だそうです。
あー、こういう本読んでると、行きたくなるんだけどなあ。休み欲しい・・・。

あ、タイトルの「卡娃伊(kawayi)」は、カワイイ、日本語をそのまま漢字にあてはめた、流行語だそうです。
[PR]
by sivaxxxx | 2004-05-28 00:40 | よむ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sivaxxxx.exblog.jp/tb/341912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< もうすぐ6月なので。 マイフレンド。 >>